自転車乗りの適応障害でうつな夫のブログ

適応障害でうつな旦那さんを支える奥さん側のブログはよく目にします。しかし本人側のブログって見たことがなかったのでブログを始めることにしました。

適応障害でうつ状態と診断されるまで②

こんにちは、クリスです。

 

前回は妻に相談することもしなかったところまで書きました。

 

妻に相談する手もあったのでしょうけど仕事の話は家に持ち帰りたくないと思っていた私は、相談しようとも思っていませんでした。

 

ある朝、目覚ましで起きて妻に「おはよう」と挨拶しようとしましたが声が全く出ません。

なんとか声を出そうとしてみるものの、声が出る気配がありません。

上長にすぐに連絡し病院に行くことにしました。

 

病院の予約をしようにも声が出ないので予約ができません。

そこで出された診断は「適応障害」。

適応障害に起因する「うつ状態」。

そして1ヶ月の休養を要するということ。

ここでようやく自分がうつ状態になるまで追い込まれていたことに気がつきました。

 

しかし上司と進めていた大型案件の締切日が近づいていたため休めませんでした。

 

書いていると辛くなってきたので今日はこのくらいで。