自転車乗りの適応障害でうつな夫のブログ

適応障害でうつな旦那さんを支える奥さん側のブログはよく目にします。しかし本人側のブログって見たことがなかったのでブログを始めることにしました。

トレーニング

みなさんこんにちは、クリスです。

 

最近、早くに仕事が終わるので帰宅→トレーニング→風呂→飯というサイクルで生活をしています。

いままでトレーニングといえば、ピストに乗って三本ローラーをぶん回す単純なトレーニングでした。

しかし、最近は安定して三本ローラーを回せるようになってきたので何か変化をつけたいと考えていました。

そんな時にネットで目にしたのが「タバタプロトコル」でした。

 

・タバタプロトコルとは

タバタ式トレーニングとはもともと全日本スピードスケートのヘッドコーチだった入澤孝一氏(現高崎健康福祉大学)が考案したトレーニングです。
立命館大学スポーツ健康科学部の田畑教授が、入澤氏が考案したトレーニングの科学的有効性を実証した論文を発表したものがベースとなりタバタ式トレーニング(TABATA PROTOCOL)として広まりました。

それは、筋トレにも有酸素運動にもなる効果抜群なトレーニングなのです!

 

・やり方は?

やり方はとても単純

1.全力を出しきるほどの高出力の運動を20秒間行う

2.その20秒間の運動の後に10秒間の休憩を挟む

3.その30秒間を1セットとし、8セット行う

4.体力次第でセット数を変えても可

 

これをローラー練に置き換えると

1.全力もがきを20秒間行う

2.10秒間の回復走

3.その30秒間1セットを8セットを行う

ということになります(たぶん)

 

というわけで昨夜は初めてタバタプロトコルを実践してみました。

結果:2セット弱で死亡

なんとも不甲斐ない結果に終わりました笑

まさかここまで体力が落ちているとは…

これから毎日この練習を行えばエンデューロでも結果を出せるはず!

頑張ろう…